病院にいるお父様へ届けたい「花嫁の手紙」

公開日: : NEWS

こんにちは!!

梅雨の中休みといった天気。
関東は夏日でとっても暑いです。
 
結婚式で定番となっている演出、、、基本的な披露宴の流れには、
必ずといっていいほど組み込まれている、
「花嫁の手紙」ってありますよね。
 
新婦からご両親、または新郎へお手紙を読みます。
とても感動的なシーンですよね。
 
ただ、最近は「人前で手紙を読みたくない」「泣いてしまって読みきる自信がない」という理由で、
手紙を読まない方もいらっしゃいます。
 
それでもいいんです!
必ずやらなければいけないことなんて、本当にあってないようなものです。
ただ!
感謝の想いを伝えるのは、もしかしたらこの機会を逃すと、
なかなかないかもしれません。
 

なので結婚式、披露宴の機会に想いを伝えたい人がいるのであれば、
ぜひ気持ちを伝えてみてください!!!
 
 
今日紹介させていただくのは、
新婦さまから新婦のご両親へ向けたパラパラ漫画です。
 
パラパラ漫画を作る流れで、新郎新婦さまとお打ち合わせを
1時間半くらいさせていただきました。
その時は楽しく盛り上がって、良いパラパラ漫画を作るぞ!と意気込んでいました。
 
その打ち合わせ終わりに新婦さまから長文のメールをいただきました。
内容は全てを書けませんが、新婦さまのお父様が病気にかかり、
余命宣告をされているとのことでした。
だからというのもなんですが、両親への感謝の気持ちや、
二人の元に生まれてよかったということが伝わるパラパラ漫画にしたいと、
ご連絡をいただきました。
 

もしかしたら、お父様が結婚式当日参加できずに、
パラパラ漫画を見れないかもしれないということになりました。
 
新婦さまから話を聞く中で、
披露宴後その日のうちに、お父様の入院する病院にドレスを見せに行くことをお聞きしました。
 
何か手伝えることはないかな、
手助けできることはないかなと考えました。
 
当日パラパラ漫画を上映した映像を撮影して、
お父様に見せたら喜ぶかなと思い、新婦さまに提案したところ、
ぜひやってほしい!と言ってくださいました。
 
ですので、今回の映像は
お父様が病院で映像をみてくださってる映像も一緒に編集しました。
 

想いを伝えることの大切さを感じさせてくれる映像です。
ぜひご覧ください。
 
 

  • 全国エリア対応!専任ストーリープランナーが無料相談を実施中!最短1分でお申込み完了
  • 無料相談はこちらから
  • お電話からのお問合せ
  • 動画紹介
PAGE TOP ↑