【最新】2018年 披露宴の余興 演出ランキング『1~3位』パラパラ漫画ムービー編

感動スタジオでは、一生に一度の結婚式で
大切な人へ感謝を伝えれる演出を
手書きアニメーションのパラパラ漫画にして提供しております。

 

パラパラ漫画ムービーといっても
演出の用途は様々で、新郎新婦だけではなく
ゲストご両親からのご依頼もあります。


今回は、どんな用途で使われているかだけではなく
感動スタジオでご依頼が多いランキングにしてご紹介します。





イラスト





1位 サプライズムービー

12194917_842604055857403_4760619579373651469_o

(新郎から新婦へ & 新婦から新郎へ)

 

結婚式のサプライズで、

 

「見たことのない演出で喜ばせたい」

 

「自分の言葉で感謝の気持ちを言うのが恥ずかしい」

 

上記のように
演出だけの目新しさだけではなく
口下手で自分の想いを言葉にできなかったり
恥ずかしくて、自分で感謝を伝えれない新郎新婦様が依頼をされます。

 

2位 二人のなれそめムービー

12186343_842603912524084_1232376873396497744_o

「ありきたりな披露宴にしたくない」

 

「二人の出会いや二人の人柄をゲストにしっかり伝えたい」

 

「二人の思い出を形に残るものにしたい」

 

結婚式で定番となっているプロフィールムービーですが
披露宴の参加経験も増えてくると
もっと自分らしい披露宴や、ゲストをきちんともてなしたいという
新郎新婦様にはパラパラ漫画を
なれそめ紹介として活用するのがオススメです!

 

3位 両親への手紙 演出

pixta_12019078_M

「泣いてしまって手紙が読めない」

 

「言葉で伝えるのが恥ずかしい」

 

披露宴のクライマックスといえば
定番の演出になっている両親への手紙

 

両親に感謝を伝える絶好の機会としてお勧めです。

 

また家族の物語を中心に描くので笑いあり涙ありので
感動的な演出になります。

 

その他にも”ゲストから新郎新婦にプレゼント“や
両親から新婦へ“など、パラパラ漫画の活用例もあります。

こちらは花嫁の手紙として
新婦の両親へ新郎から感謝を伝えたパラパラ漫画になります。





やはり人生に一度の結婚式なので
みなさん、大切な人へ、愛情や感謝は伝えたいと思っている方がほとんどです。


パラパラ漫画であれば、自分の言葉よりも
写真や映像に残っていないシーンを再現する事で
大切な人に伝えたい想いを伝えることができます。


ぜひ、大切な人に伝えたい想い、
伝えきれない想いがありましたら
感動スタジオへパラパラ漫画ムービーの制作をご依頼ください。
  • 全国エリア対応!専任ストーリープランナーが無料相談を実施中!最短1分でお申込み完了
  • 無料相談はこちらから
  • お電話からのお問合せ
  • 動画紹介
PAGE TOP ↑