ゲストも新郎新婦も一生の思い出に!結婚式のサプライズ演出4選!

公開日: : NEWS, ウェディング, 感動演出

結婚式は一生に一度のイベント。

新郎新婦にとっては、家族やゲストに感謝を伝えられる貴重な場です。

また、ゲストのほうは、当日の主役になる新郎新婦を

盛大にお祝いできるまたとないチャンスではないでしょうか。

そのためには、それぞれの立場に応じたサプライズの用意をおすすめします。

ここでは、ゲストや新郎新婦はもちろんのこと、

家族や親戚にとっても一生の思い出に残る

結婚式のサプライズ演出4選についてご紹介します。




ゲスト一人ひとりに心のこめたメッセージを

1 (2)

結婚式の規模は人それぞれ。

ゲストの数が多くなると、それに比例して準備も大変になります。

しかし、ゲストには「あなたに来てもらって嬉しい」との

メッセージを伝えることが大切です。

そのためには、席札の裏やムービーなどを利用して、

一人ひとりに違ったメッセージを盛り込むなどの工夫をおすすめします。

席札の裏にメッセージを書くときは、友人や職場関係の人など、

ゲストの顔を思い浮かべながら直筆で行うことがポイントです。

結婚式に出席してもらったことへの感謝の気持ちや、その人とのエピソードなどを添えると喜ばれます。


職場の上司など目上の人宛に書くときは、きちんとした文書でまとめることが大事です。

席札にメッセージを書くときは、文字数にバラツキがないように心掛けましょう。

もし、文字量が極端に異なると、文字数が少ない人は寂しい気持ちになります。

そうならないためにも、可能な限りメッセージの文字数を揃えることが大切です。

両親や祖父母、兄弟姉妹、親戚など、身近な人へのメッセージもお忘れなく。

こちらのほうは、職場の上司宛のような改まった書き方でなくても大丈夫でしょう。

また、小さい子ども宛のメッセージは、ひらがなで書くなどの工夫をおすすめします。

ムービーでメッセージを流すときは、スクリーンの大きさをはじめ、

メッセージとBGMとの音量バランス、テロップの大きさや位置などに配慮することがポイントです。

あまり長すぎるムービーもよくありません。

また、一部の人がわかる内容ではなく、出席者すべてを対象にした編集を心掛けるようにしましょう。


ウェルカムボードや席次表などにサプライズを盛り込むことも

結婚式を華やかに演出するためには、ウェルカムボードや席次表などの存在も見逃せません。

ゲストに楽しんでもらうためにも、ちょっとした工夫を心掛けるとよいですね。

ウェルカムボードは新郎新婦が主役になるレイアウトが主流ですが、

友人の写真を使って楽しく演出する方法があります。

ただし、友人の写真を使うことにはいろいろな捉え方がありますので、

その点に注意しながら行うことをおすすめします。

席次表はゲストが必ず目にするものです。

席次表には氏名を記載するタイプが一般的ですが、ゲストの名前だけでなく、

短い紹介文を付ける方法があります。

たとえば、「マスコット的存在の〇〇様」とか、

「お酒が好きな伯父の〇〇様」といった、

ゲストのキャラクターがわかるユニークな内容にするとよいでしょう。

席次表の内容はゲストで共有できるほか、

ゲストのスピーチで取り上げられるなどの展開もあるかもしれませんね。

また、フォトプロップスを使った写真撮影が話題になっています。

ヒゲや唇、メガネなどのモチーフを取り付けた棒のことで、写真撮影の小道具として使われます。

結婚式ではハートのマークなどもおすすめです。

こういった粋な演出をサプライズで用意しておくと、

ゲストが待ち時間に盛り上がってくれることが期待できます。






メッセージや歌…ゲストからのサプライズに新郎新婦も感激!

1 (3)

結婚式を盛り上げるためには、ゲストによるサプライズ演出も欠かせません。

新郎新婦が日頃からお世話になっている人や、

関係の深い人からのサプライズは、当日の主役だけでなく、その場にいるみんなが感動します。

その一つ、メッセージはお手軽です。

ゲスト個々が書いたメッセージを回収するよりも、色紙などにまとめて書いたほうがよいでしょう。

新居に飾りやすくなりますよね。また、地球儀やぬいぐるみなど、立体的なものにメッセージを書く方法もあります。


オンラインでメッセージを編集できるサービスもあるため、文字を書くのが苦手な人には有り難いかもしれませんね。


手紙でお祝いのメッセージを贈ることも考えましょう。

歌によるお祝いは昔からの定番。カラオケで歌うほか、ゴスペルでお祝いする方法もあります。

ギターや鍵盤楽器の演奏が得意なゲストがいる場合は、その人に伴奏を頼むのもよいですね。

また、新郎新婦との打ち合わせが必要ですが、入場や祝電披露のときなどにBGM演奏をゲストが担当する方法もあります。


なお、新郎側と新婦側とのゲスト間には接点がない場合も少なくないため、

会場全体が一体化できるような演出を心掛けましょう。

新郎側と新婦側の家族や親戚も含め、出席者の人数に開きがある場合は、

不公平がないように配慮することも大きなポイントです。

 

中座のエスコート役を指名!

家族へのサプライズは会場もウルウル

1 (1)


結婚式当日は、新郎新婦それぞれの家族はゲストをもてなす大切な役割があります。

新郎新婦が思い通りに動けないため、家族に掛かるウエイトが大きくなります。

このようなことから、新郎新婦による家族向けのサプライズ演出は、

家族にとっても一生の思い出になります。

指名を受けた家族はもちろん、会場全体が感動的な雰囲気に包まれます。

結婚式後半にある、小さい子どもなどから新郎新婦への花束贈呈や、

新郎新婦から両親への花束贈呈は定番です。

ただし、新郎新婦から花束を贈る人は、

相手の両親だけでなく、自分の両親に渡すケースもあります。

最近は、両親への花束贈呈時に、両親が好きな品物を記念品として一緒に渡すケースも増えています。


商品券などを渡すときは、大きな目録にする方法も考えましょう。

また、新婦から両親への手紙も大きなウエイトを占めます。

両親に感謝の気持ちを伝えるだけでなく、

お互いの家族や親戚への配慮も忘れないようにしましょう。

手紙の相手として、新郎から両親へ、新郎から新婦へといったサプライズ演出もあります。

 

なお、結婚式では、クライマックスに至るまでにもいろいろな場面が想定されます。

新郎新婦がお色直しをする場合は、中座するときのエスコート役をサプライズで指名しましょう。

母親を指名するほか、小さい子どもや祖父母、兄弟姉妹にお願いしてもよいですね。

 

大事な場面で指名された家族にとっても、一生の思い出になります。

結婚式は、新郎新婦はもちろんのこと、出席した人が思い出に残る演出を心掛けることが大切です。

そのためには、みんなに喜んでもらえるサプライズ企画をおすすめします。

  • 人のお客様のパラパラ漫画に関するご相談はこちら
  • あなただけの専任プランナーが不安を解消 価格や納期など、無料相談はこちら
  • 全国エリア対応!専任ストーリープランナーが無料相談を実施中!最短1分でお申込み完了
  • 無料相談はこちらから
  • お電話からのお問合せ
  • 感動スタジオでできること
  • パラパラ漫画ムービーの3つの活用例はこちら
  • 制作の流れ
  • 詳細はこちら
  • 動画紹介
  • パラパラ漫画で企業PRを実現!
PAGE TOP ↑