結婚式の定番!手紙をサプライズに変える方法

公開日: : NEWS, ウェディング, 感動演出

結婚式の演出のなかでも、手紙を読むシーンは定番中の定番ですよね。
結婚式のクライマックスのシーンで、花嫁が今まで大事に育ててきてくれたことへの感謝や愛情の気持ちを

手紙にしてご両親に朗読するシーンは、結婚式のなかでもひときわ感動的な場面ではないでしょうか。

花嫁やその両親はもちろん、ゲストのなかにも感動のあまり涙ぐむ人も多いです。
結婚式でサプライズを考えている人は、この手紙をモチーフにした演出をしてみるのはいかがでしょうか。

新郎新婦に役立ちそうな、さまざまなアイデアをこれからご紹介します。

 

pixta_24762349_M

 



気恥ずかしい想いも手紙なら…
書き方のコツ

新婦が両親への手紙を読むのは定番ですが、結婚式のサプライズとして手紙を書くこともできます。

例えば、新婦から新郎へ、あるいはその逆に、新郎から新婦への手紙というパターンがあります。

では、そうしたサプライズの手紙にはどんなことを書けば良いでしょうか。

 

まず、手紙を書く相手との間に今までどんなことがあったか、思い出を綴ることができます。

ふたりが出会ったときの第一印象や、どんなふうに交際が始まったか

交際中にどんなことが印象的だったかといったことを含めると、味わい深い手紙になりますね。

特に、過去の具体的なエピソードを入れて書くようにします。

手紙を聞いているゲスト側にとっても、いろいろ想像できて内容が伝わりやすいからです。

 

また、相手のことをどんな風に想っているか書きましょう。

相手のどんなところが好きで、尊敬しているか、これからの結婚生活に向けての期待などを書くこともできるでしょう。

手紙だからといって、とりたてて飾った言葉は使わず、自分の言葉で素直な気持ちを書くのがおすすめです。

急いで書いた手紙は、読み直すと文章や内容がおかしいということが多々あるものです。

手紙はきちんと推敲して、じっくり時間をかけて完成させましょう。




Open When Letters…
相手を想ってつづる手紙たち

 

海外で流行っている手紙のひとつが『Open When Letters』というものです。

これは、日本の結婚式でもサプライズの演出で時折登場するようになりました。

その内容は、これからの相手の人生で訪れるかもしれない、さまざまなシーンを想像して書く手紙のことです。

手紙を送る側は、相手が実際にそうした状況を迎えたときに開けて読んでもらうことを想定して書きます。

 

例えば、悲しいことがあったときに開けて欲しい手紙なら、

封筒にOpen When Letters… you’re sad.

「悲しいときにあけてね」と書きます。

中身には、相手に何か辛いことが降りかかり悲しい気持ちになってしまったときに読んで欲しい

励ましや慰めのメッセージを入れておきます。
悲しいとき以外にも、さまざまなバリエーションがあります。

嬉しいとき、幸せなとき、さみしいとき、眠れないとき、不安なとき、ケンカしたときなど

たくさんのシーンを想像して書くことができます。

 

これからの人生の1コマ1コマで初心を振り返ることができる手紙になることでしょう。

たくさんのシチュエーションを想像して、何通もたくさん準備しておくのも良いですね。

相手を想う強い気持ちを、きっと感じてくれることでしょう。

 

 

歌が得意なら!手紙を歌詞にして歌ってみて

 

手紙を読み上げるという方法のほかにも、手紙を歌詞にして歌で披露するという演出方法もあります。

歌が得意な人にぴったりの方法ですね。

新郎から新婦への手紙を歌にし、実際に誰かに歌ってもらうか、新郎自身が歌うという方法も良いでしょう。
新婦はもちろん、ゲストのほとんどが知っている有名な歌を使い、歌詞を替え歌にして

新婦へのメッセージを歌い上げるという方法があります。

みんなが知っている曲なら、きっとその場が大いに盛り上がりますね。

 

また、もし作曲が得意なら一からオリジナルソングを作ってプレゼントするのもすてきです。

曲も歌詞も自分で作った歌を結婚式でプレゼントされたら、感動もひとしおでしょう。

友だちとバンドをやっていたなど、楽器ができる人なら生バンドで演奏しながら歌うのも華やかですね。
相手への思いを綴った手紙をみんなの前で朗読するのは、恥ずかしくて少し抵抗があるというシャイな人でも

歌にしてしまえば恥ずかしさが軽減されるかもしれません。

普段はなかなか言えないような愛の言葉や決め台詞も、歌のなかのフレーズとしてならナチュラルに聞こえるものです。




両親へ感謝の手紙…
プラス新郎へ贈る愛の手紙

pixta_12019078_M


新郎へのサプライズの手紙を読むという演出をするのに、おすすめのタイミングはいつでしょうか。
やはり、両親への手紙の直後ではないでしょうか。式のクライマックスに新婦が両親への手紙を読むことは定番で予想している人も多いことでしょう。そのあとに、「実はもうひとり大切な人への手紙を書いています」と言って、新郎への手紙を読むのはサプライズ要素が強いのでおすすめです。

 

もちろん、新郎から新婦にあてて書いた手紙をこのタイミングで読んでも構いません。

すでに感動した状態の新婦や両親は、きっと新郎の熱い思いを知って感極まってしまうことでしょう。

これまで一緒に過ごしてこられたことへの感謝の気持ち、これからの結婚生活へ向けての豊富など

相手に伝えたい素直なメッセージを書いて伝えましょう。

 

素直な気持ちを直接伝えるのが恥ずかしかったり

手紙を読む中で泣いてしまって気持ちを伝えるのに自信がない方へ

おすすめなのはパラパラ漫画を用いた演出

手紙が主体となるため、直筆で感謝の気持ちを伝え、さらにサプライズとしても喜んでもらえることでしょう。

後々まで形に残る手紙なら、結婚式が終わったあともずっと素晴らしい思い出の品として残ります。

結婚生活のなかで思い出すたびに、温かい気持ちになる大切なプレゼントになることでしょう。

 

  • 人のお客様のパラパラ漫画に関するご相談はこちら
  • あなただけの専任プランナーが不安を解消 価格や納期など、無料相談はこちら
  • 全国エリア対応!専任ストーリープランナーが無料相談を実施中!最短1分でお申込み完了
  • 無料相談はこちらから
  • お電話からのお問合せ
  • 感動スタジオでできること
  • パラパラ漫画ムービーの3つの活用例はこちら
  • 制作の流れ
  • 詳細はこちら
  • 動画紹介
  • パラパラ漫画で企業PRを実現!
PAGE TOP ↑